忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/12/11 22:22 | ]
すべてを奪い返すぞ!3・18全国総決起集会へ!

部落解放同盟全国連西郡支部の岡邨(おかむら)洋支部長宅を、3月14日午前7時以降に強制執行して叩き出すと、大阪地裁の執行官が通告して来ました。
これは西郡地区の住民を追い出し、更地化して資本に売却するという、市の財政赤字の責任を労働者人民に押し付けるための攻撃です。東日本大震災によって更地化された被災地に「復興特区」をつくり、資本が被災地を食いものにするのと同じ攻撃です。許せません。
これを受け、3月14日には現地で緊急闘争が行われます。
我々全学連も断固決起します。
3・14緊急闘争と、3月18日の「すべてを奪い返すぞ!3・18全国総決起集会」の大爆発から、団結拡大・組織建設、そして新自由主義に対決する拠点建設を進めることを以って、この新自由主義攻撃に実践的に回答してゆきたいと思います。
全学連は2006年3月14日(今回の強制執行とちょうど同じ日付です)、法政大学において大学当局によるビラまき・立て看板規制に反対した学生29名が逮捕されたことに始まった「法大闘争」を、今まで6年間に亘って闘いぬいてきました。ビラを撒いただけ・拡声器で演説しただけで逮捕・処分という国家権力・法政大学当局の攻撃に対し、延べ118名の逮捕者を出しながらも、団結拡大・組織建設を以って立ち向かい、勝利してきました。法政大学は今や学生が新自由主義に対決する拠点になりました。
敵の攻撃の核心は、人々の団結を破壊するところにあります。人々に「闘っても無駄だ」と思わせて、一人ひとりばらばらにするのが目的です。
この社会の1%しかいない資本家が、他の99%の人々を支配するためには、99%の人々の社会的なつながりを切断し、一人ひとりばらばらにし、資本家からの攻撃に対して抵抗できないようにしなければならない。そして、今や世界は大恐慌なので、資本家が生き残るには、財政赤字など全ての矛盾を他の99%の人々になんとしても押し付けなければならない。だから資本家はますます凶暴に団結を破壊しにかかってくる。これが新自由主義の攻撃の核心です。
だから、敵の攻撃に対する一切の回答は団結拡大・組織建設、そして新自由主義に対決する拠点の建設です。
団結しましょう。

「強制執行来るなら来い!」(岡邨支部長)

経過など詳しくは

週刊『前進』(2526号7面)(2012/03/05 )

をご覧下さい。

【要項】 すべてを奪い返すぞ!3・18全国総決起集会

住宅追い出し・病院つぶしの更地化粉砕! 
道州制・特区攻撃、改憲・労組破壊の橋下打倒!

すべてを奪い返すぞ!
3・18全国総決起集会

3月18日(日)午後1時~3時(集会後デモの予定)
八尾市幸町五丁目第1公園
[大阪府八尾市幸町5―12―1/行き方=近鉄八尾駅(準急停車)。北口6番バス乗り場から萱島行き(11時45分発)またはJR往道行き(12時13分発)で西郡新町下車、東へ徒歩5分。タクシーで約1000円]

主催/八尾北医療センター労働組合
   部落解放同盟全国連合会西郡支部


PR


[ 2012/03/05 20:41 | Comments(0) | お知らせ ]

コメントを投稿する






<< 「原発収束作業の現場から ある運動家の報告」  |  ホーム  |  「バイバイ原発3・10きょうと」の準備 >>