忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/08/23 22:51 | ]
思修館増築の動き
長谷川担当課長を筆頭とする学務部軍団による3度にわたる正門前立て看板撤去攻撃を粉砕して、立て看板を出し切ったのでありますが、企画が終わったので、昨夜みんなで片付けにゆきました。

↓長谷川担当課長。寮と課外活動を担当する政治家です。
20130628143719.jpg

↓正門前の立て看板。
20130628201638.jpg

その帰りにたまたま思修館の横を通ったところ、何やら工事計画の看板が立っていました。
そこで本日、改めて写真を撮りに行きました。

↓旧左京区役所。解体してここに思修館本部を建てるという話があります。
20130702110127.jpg

↓このような看板が付いていました。
20130702110101.jpg
4階建ての「大学及び寄宿舎」を建設するようです。

さて、次は今既に建っている思修館(下の写真の右のおしゃれな木造3階建て)の左隣の敷地(2階建てが建っているところ)に注目しましょう。
20130702110435.jpg

↓北西側から撮った写真。このような2階建てが建っています。
20130702110409.jpg

↓このような看板がありました。
20130702110327.jpg

20130702110518.jpg

「合宿型研修施設(Ⅱ期)」工事として、鉄筋コンクリート4階建て29戸の「寄宿舎、学校 (合宿型研修施設)」を作るとの事です。

思修館の増築が着々と進められています。
PR


[ 2013/07/02 11:55 | Comments(3) | キャンパス ]
1. posted by NAZEN事務局 織田 陽介様  2013/07/03 11:28
NAZEN事務局 織田 陽介様

2013年7月3日
keizirou.hushimi@gmail.com
京都生協の働く仲間の会


あなたの訴えをhpで見ました。ぜひ、山本太郎さんの応援、ともに頑張りましょう。以下、ご一読ください。そしてできれば、回答をお寄せください。
1、
「避難・保養運動、食の問題、すべてが「危ない」と口で言うだけではすまない段階に来ています。命を守るためには、団結して闘う以外にありません。」
当然です。
織田さん、団結して、避難を進めるんですか?その具体的取り組みを明らかにしてください。福島共同診療所は、どう具体的に進めてきているのですか?明らかにしてください。
とっくに、口先だけではなく、みんな真剣に具体的に取り組んでいるんですよ。
2、
「食」の問題について、も、同じです。織田さんは、これまで口先だけでなく取り組も事を宣言していること、感激です。ぜひ、給食丸ごと調査反対にしっかりと取り組んでください。山本太郎さんは、キチンと激しく抗議しています。真剣に、具体的に考えてください。団結して、給食丸ごと調査反対に取り組んでください。
また、福島の労働者、学生に、避難移住を呼びかけてください。あなた方の知っている労働者農民、市民、福島大学の学生などに具体的に、まじめに、移住避難を呼び掛けてください。これは、疎開裁判のたたかいへの重大な連帯と合流になります。かならず、お願いします。以上、必ず、真剣に、考えて、具体的に実行してください。
具体的な行動のない言葉より、まずは、具体的な行動を要請します。
2. posted by 福島の労働者、学生に、避難移住を!  2013/07/03 11:31
NAZEN事務局 織田 陽介様

2013年7月3日
keizirou.hushimi@gmail.com
京都生協の働く仲間の会

あなたの訴えをhpで見ました。ぜひ、山本太郎さんの応援、ともに頑張りましょう。以下、ご一読ください。そしてできれば、回答をお寄せください。
1、
「避難・保養運動、食の問題、すべてが「危ない」と口で言うだけではすまない段階に来ています。命を守るためには、団結して闘う以外にありません。」
当然です。
織田さん、団結して、避難を進めるんですか?その具体的取り組みを明らかにしてください。福島共同診療所は、どう具体的に進めてきているのですか?明らかにしてください。
とっくに、口先だけではなく、みんな真剣に具体的に取り組んでいるんですよ。
2、
「食」の問題について、も、同じです。織田さんは、これまで口先だけでなく取り組も事を宣言していること、感激です。ぜひ、給食丸ごと調査反対にしっかりと取り組んでください。山本太郎さんは、キチンと激しく抗議しています。真剣に、具体的に考えてください。団結して、給食丸ごと調査反対に取り組んでください。
また、福島の労働者、学生に、避難移住を呼びかけてください。あなた方の知っている橋本光一国労郡山工場の労組員、労働者農民、市民、福島大学の学生などに具体的に、まじめに、移住避難を呼び掛けてください。これは、疎開裁判のたたかいへの重大な連帯と合流になります。かならず、お願いします。以上、必ず、真剣に、考えて、具体的に実行してください。
具体的な行動のない言葉より、まずは、具体的な行動を要請します。
3. posted by NAZEN様  2013/07/03 11:51
NAZEN様

広島で保養に取り組む室本けい子さんに聞く!NAZENのHPの記事を見て!保養の取り組みも大事ですが、ぜひ、移住避難をあきらめることなく目指しましょう。このためには、権力を動かすことが必要です。そのことを目指しつつ、できる限りの移住避難をみんなで実現しましょう。そのために、疎開裁判を郡山の子供たちに続いて、福島の子供たち、大人たちが、提訴されることを訴えたいです。

2013年7月3日
keizirou.hushimi@gmail.com
京都生協の働く仲間の会

私たちは、少ないながら、また、全く微力ながら、移住支援協力のしてきています。成功したこともありますが、できなかったこともあります。移住できないで、被ばく汚染地に、祖父祖母などの意見もあり、残らざるを得なかった人のこと、妊娠中のお母さん、5歳の子供さんのことを思うと、本当に、残念でなりません。
保養は、一時保養であり、春、夏、冬休みなどを利用されておられると思います。子供福島にもたくさんの保養の連絡が届いています。
しかし、一時保養から福島など汚染被ばく地に子供たちを帰さざるを得ない時、本当に、涙を流す苦しい思いを、子供たちも、親たちも、そして、保養支援者たちも、してきていると思います。放射能という毒が覆うところに帰すのですから。
何としても、国を動かさなければなりません。
避難者支援法の具体的実現、疎開裁判の勝利などぜひ、がんばりましょう。その先頭に山本太郎さんがいます。私たちも、山本太郎さんにたくさん教えてもらいました。ぜひともに頑張りましょう。
具体的には、福島大学などの学生や橋本光一さんなど国労郡山の労組員らが、さらに続けて移住要求、疎開要求の裁判と職場・大学での要求行動をすることが大事だと思います。
ぜひ、お考えください。また、回答をお願いします。

コメントを投稿する






<< 関西空港反対全国集会  |  ホーム  |  広島大学で学生自治会が再建中! >>