忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/06/27 04:06 | ]
ニャン東玉三郎!!
新しいお友達を紹介します!!
ニャン東玉三郎くんです!ヽ(=´▽`=)ノ
540747460134.jpg





















略歴
 2006年 4月1日生まれ
革命的快楽主義者同盟・中立派
 議長  ニャン東玉三郎

玉三郎くんが作ったビラです。


以下、自己紹介文↓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 こんにちは。オラ、ニャン東玉三郎って言うんだ!
オラ、まだブログ立ち上げてないから、今日は
全学連さんにオラとオラのビラを紹介してもらう
ことになったんだニャm(__)m 感謝、感謝!!
んで、新しいビラについてだけど、表紙、背表紙
を省いたら、一応全部で2ページ。「オラの絵日記」
という欄と「ゴロゴロ新聞」ってのがあるんだニャ。
それはまた後日紹介するニャ!
 なんでオラがこんなこと始めたかっていうと、まあ、
にゃんて言うんだろうね・・・松本が嫌いだから!!
それと学生が立ち上がっているのに、空気入った
からかニャ~(・∀・) 
 そしてさ、いろんな事考えながら構内歩いていたら、
「暴力論について」アジっている全学連さんと出会って
意気投合したってワケだニャ!まだまだ
議論は必要だけど、まあ、学生自治会の復権を訴える
人は基本的に支持するんだニャ!!
 にゃにゃ、長くなったにゃ!あ、ついでにオラ、Facebook
も始めたから、まあ、夜露死苦ってことだにゃ( `・∀・´)ノ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


PR


[ 2012/12/17 09:52 | Comments(3) | お知らせ ]
1. posted by 京都生協の働く仲間の会  2012/12/17 11:14
関西電力の大株主である大阪市(市長橋下徹)、京都市(市長門川大作)、神戸市(市長矢田立郎)への要求書
2012年12月16日
京都生協の働く仲間の会(アルバイト仲間も加入できます。)
携帯電話=09011446818keizirou.cooparbeitkyoto1000@ezweb.ne.jp
パソコンkeizirou.hushimi@gmail.com
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)

私たちは、敦賀原発の廃炉を直ちに行う事を要求します。1週間のうちに、12月22日までに、文書で回答を行う事を強く要求します。
(1)
2012年12月11日(火) 赤旗などは、次のように報じています。
「敦賀原発2号機 直下に活断層の可能性、規制委専門家会合 全員が一致
日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の、原子炉建屋直下を走る破砕帯(断層)などを調査した原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理と、外部の専門家4人でつくる調査チームは10日、評価会合を開き、2号機直下を走る破砕帯について全員が活断層である可能性が高いことで一致しました。」
(2)
廃炉にするのみ。再稼働の条件は完全になし。
 同席した規制委の田中俊一委員長は、委員会で今後、検討するとしながらも、「今のままでは再稼働の安全審査はできないと判断した」と述べました。原発の耐震設計審査指針では、活断層の上に原子炉建屋を建てられないと規定しております。
 会合では日本原電が、現在進めている調査結果をもとに、敷地内の破砕帯が活断層ではないと説明した後、宮内崇裕・千葉大学教授、堤浩之・京都大学准教授、藤本光一郎・東京学芸大学准教授、鈴木康弘・名古屋大学教授がそれぞれ調査結果を報告しました。
 各専門家が一致したのは、2号機直下を走るD―1破砕帯です。
1、堤准教授は、敷地内を走る活断層の浦底断層に誘発されて活動すると述べ、活動年代は十数万年前と推定できるとしました。
2、藤本准教授は、破砕帯が複数回動いたとの見方を示した。
3、鈴木教授もD―1とみられる破砕帯が浦底断層と関係が深いとして、「その影響は計り知れない」と述べました。
 4、宮内教授は、浦底断層が長大な活断層であり、活動性も高いとして、破砕帯だけでなく敷地内に活断層があること自体を安全の基準にと指摘しました。」
(3)
なお、おおい原発止めよう裁判の会 グリーン・アクション、脱原発わかやま、暮らしを考える会、奈良脱原発ネットワーク、おおい原発仮処分尼崎原告の会、原発設置反対小浜市民の会、さよなら原発・ぎふ、美浜の会は、「●「疑わしきは活断層」=国の「審査の手引き」を守ってください。「審査の手引き」では、「疑わしきは活断層」と判断することになっています。」と、はっきりと指摘しています。
つまり、国の「審査の手引き」にも、「活断層を疑わしきときは、活断層と判断して、廃炉にする」と書いてあるのです。
私たちは、敦賀原発の今スグに廃炉にすることを強く要求します。
(4)
日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)は、関西電力と重要な関係にあります。それ故、関西電力の大株主である大阪市(市長橋下徹)、京都市(市長門川大作)、神戸市(市長矢田立郎)には、重大な責任があります。それ故、関西電力と大阪市(市長橋下徹)、京都市(市長門川大作)、神戸市(市長矢田立郎)には、敦賀原発を廃炉にするべき責任が重大にあります。私たちはその責任を果たすことを強く要求します。以上。
2. posted by 京都生協の働く仲間の会  2012/12/17 22:04
山本太郎さんとともに、闘おう!
何よりも、労働者人民7万人が、首都東京のど真ん中・杉並で、石原慎太郎らと真っ向から対決し、山本太郎氏のような「金より命、命が大事!被曝ジェノサイド阻止、原発スグに廃炉、放射能毒バラマキ阻止!」の断固たる訴えと行動を支持する投票行動を行った。このことが決定的だ。
既に選挙結果の詳細が明らかになってきている。そこで次に自民党の圧勝というのは、全くのインチキだ。この点もまた決定的である。
なお、「金より命、命が大事!被曝ジェノサイド阻止、原発スグに廃炉、放射能毒バラマキ阻止!」の取り組みは、まさに戦争反対、九条改憲反対=ジェノサイド・大虐殺反対と同じだ。私たちはこのことをしっかりと確認し、無数の山本太郎と共に闘う仲間となってさらにこれから頑張ろう。
2012年12月17日
京都生協の働く仲間の会(アルバイト仲間も加入できます。)
電話=09011446818keizirou.hushimi@gmail.com
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)

(1)
山本太郎さんは、「金より命、命が大事!被曝ジェノサイド阻止、原発スグに廃炉、放射能毒バラマキ阻止!」の取り組みの常に先頭に立って、訴え、更に行動してきた。不当逮捕などの脅迫等にひるむことなく、放射能がれきの広域処理というバラマキにも敢然と闘ってきた。その山本太郎さんに、杉並で7万票という多大な共に闘う投票が行われた。石原慎太郎と石原伸晃と真っ向から対決してきた山本さんを断固支持するという7万票だ。
確かに、当選を勝ち取れなかったのは、非常に残念だ。だが、しかし、私たちは、山本太郎さんと固く連帯して共に闘う事が、100万、1000万人の支持と連帯、行動行動を作る事ができると改めて確認できた。しっかりとこの道を断固として進もう。
(2)
総務省は17日、今回の衆院選(小選挙区)の投票率が59.32%となった、と発表した。これは、戦後最低の記録更新である。まさに、人民は、今の選挙には、国会には、自公民政権には、代表を名乗る資格がないことを突きつけているのだ。こんな選挙結果の自民党政権など、絶対に認められない。
(3)
同時に、小選挙区制のインチキが次々と明らかになっている。自民党圧勝、自公圧勝というが、それは全くの嘘だ。このことをはっきりさせよう。そして、こんな国会で、自民党政権で、自公政権で、私たちは殺されるわけにはいかない。これまで培われてきている100万人民による首相官邸包囲と東京占拠をどんどん勝ち取り、「金より命、命が大事!被曝ジェノサイド阻止、原発スグに廃炉、放射能毒バラマキ阻止!」を絶対に勝ち取っていこう。
1、
まず、自民党は、今回の衆院選で小選挙区に出馬した自民党候補は、300選挙区の有効投票総数のうち43%の票を得たのに対し、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席を手に入れた。こんなことは全く許されない。「民意」を反映するなど全くないことは明らかだ。
2、
小選挙区制は、全くインチキだ。自民党は、前回より、今回の得票数のほうがはるかに少ない。それなのに、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席を手に入れた。こんなことは全く許されない。このことは、今日のニュースでも大きく報じられた。
今回の自民党得票数は、小選挙区で2564万票で、比例で1662万票である。
前回の自民党得票数は、自民党は前回惨敗したのであるが、小選挙区で2730万1982票、比例で、1881万217票である。
(ちなみに、民主党は、小選挙区で3347万5334票、比例で2984万4799票だ。)
つまり、自民党は、大敗した09年と比較しても、小選挙区で、165万票減っている。また、比例でも、05年の2588万票を926万票と凄まじく大きく下回り、大敗した09年の1881万票にも219万票と大きく及ばなかった。
つまり、2009年に比べても、自民党支持していた人が、凄まじく大きく減っているのにもかかわらず、自民党が「大勝した」というのだ。こんな選挙は絶対に認められない。100万人、200万人、300万人と支持しない人が増えている自民党が、「圧勝」などというのは、絶対に不当なのだ。小選挙区制は、全くインチキだ。
以上からでさえ、今回の選挙結果、「自民党圧勝」などというのが、全く不当であり、認められないものであること、更には、こんな自民党が作る政権に、私たちの命を任せる事など、絶対にできない、認められないことは、明らかだ。
(3)
結論として、私たちは、ますます、山本太郎さんとともに、力強く歩んできた道を、更に強く歩んでいくことが大事だ。100万人、1000万人での首相官邸包囲、東京・全国での大衆行動をしっかりと勝ち取ろう。不当不法な逮捕などの弾圧を粉砕しよう。避難を勝ち取る闘い、東京電力を告訴する1万3000人の福島告訴団、栃木県矢板での8000人の放射能毒反対の集会、不当弾圧などに負けず大阪・新潟などを先頭に頑張っている放射能毒バラマキ反対の大衆的闘いをどんどん押す進めていこう。敦賀、大飯、高浜、東通の原発を直ちに廃炉にさせよう。「金より命、命が大事、全原発をいますぐ廃炉」の声で、被曝ジェノサイド・大量虐殺阻止の声で、全国を覆い尽くそう。
3. posted by 京都生協の働く仲間の会  2012/12/18 20:41
■12月14日東京杉並区荻窪での山本太郎さんの演説■
 こんばんわ、山本太郎です。
今回、衆院選に杉並から立つことになりました。石原軍団と激突です。
僕は兵庫県の出身なんですが、ここ杉並から立つ意味はすごく大きいんですよね。ここ杉並は反核運動が生まれた街なんです。1954年、一人の主婦から始まりました。お子さんを持った一人のお母さんが、署名を集め始めたんですね。ここから5分ぐらいの所にある中央図書館、公民館で原水爆の実験をやめてくれと言う内容でした。それが何千万人規模の運動になっていったんです。日本を変えた、世界を変えた。それが、なんと部分的核実験の禁止条約につながっていくんですね。すごいじゃないですか。それが杉並なんですよ。それぐらいのエネルギーを持った街なんです。杉並から山本太郎が立つ理由、その一つはそこです。
 もう一つ、3・11以降、原発事故がありました。その後、原発と放射能に対する不安を大きな声でいろんな人と話す空気じゃなかった。でも杉並、高円寺で行われた1万人以上のデモの中で、自分が思うことを素直に吐き出していいんだと。自分の思っていることも言えないような世の中なんて最悪ですよね。たとえ意見が違ったとしても、いろんな人の意見を混ぜ合わせて妥協点だったり、いろんな方向性が見い出せると思うんです。山本太郎が杉並から立つ理由、二つ目はそこです。
 そして最後に、山本太郎がどうして杉並から立ったのか、それは自民党です。原発の歴史をつくったのは自民党。もちろん3・11以降の原発事故による被害、放射能の拡散、それを隠し続けて事故を矮小化し、マスコミもぐるになって僕たち国民をだまし続けた民主党。3・11以降の地獄は民主党がつくりだしたものです。でも前の土台となる部分、それは自民党がつくり上げたものなんですよね。今の自民党の中枢にいる象徴的な人物といえば石原さん、石原ファミリーなんですよ。いま危機的なこの日本の状況を、大きな資金力や組織力はないけれども市民のみなさんとつながって、この大きな敵、日本を売り飛ばそうとする者たちと対決して突破すること、それは大きなエネルギーを日本中に送ることになると思うんです。日本が変わるきっかけは、ここ杉並からつくろう、杉並から変えられるんじゃないかと思ったんです。山本太郎が杉並から立候補しようとした理由はそれです。
 とにかく今、ひどすぎるんですよ、世の中があまりにも。いきなり衆議院解散してね。テレビの報道を見ても偏向報道だらけ。この国に存在する政党は自民、公明、民主、維新。ちょっとだけ、みんなの党。それぐらいしか報道されていない。いろんな党が乱立してとか。そうじゃないんですよ。今回の選挙の一番のテーマは、命を守れるかどうかなんです。命を守ろうとする者と、命を売り飛ばそうとする者、その2極の闘いなんですよね。その中で自分に何ができるのか。議席を取って、しがらみだらけの政治家たちがなかなか口にできないことをストレートのものを言う、自分にはその役目ができる。それだけじゃなくて、政党が乱立して、ものごとのフォーカスがずらされている事実をみなさんに伝えなきゃと思ったんです。命を守ろうとする者と、命を売り飛ばそうとする者、その2極の闘いなんだということを、日本全国のみなさんにお伝えしたかったんです。
 地震大国の日本は今、地震の活動期ですよね。先日マグニチュード7・3の地震があった。翌日はマグニチュード7・4と訂正された。専門家によると、この先マグニチュード8クラスのものがやってくる警告と受け取っていいと。そのような状況の中で原発が動き続けている。原発は止まっているだけじゃ安全じゃない。一刻も早く廃炉作業に入る手続きを踏まなければならない。
 そのような状況の中で、原発推進と言っている勢力もある。その一方で「脱原発」の皮をかぶりながら、段階的停止みたいな、2030年代までにみたいな、1日も長く原発を続けてお金を手にしようとする人たち。そういう大きな勢力がマスコミと一体となってわれわれに本当の情報を渡さないんですよね。
 本当に危険なんです。今は地震の活動期。福島の東電原発、本当に収束していますか。関西電力大飯原発3号機、4号機、その下には活断層が通っている。なのにまだまだ動かすか。増設までするか。どんどん再稼働して一体何がやりたいんだ。
 福島の事故、これは同心円の中に閉じ込められているんですよね。汚染は広がっていませんよというアピールだらけなんです。しかも同心円上、30キロ圏内だけじゃないですよね。でも福島のキーワードの中にしか汚染はないような工作がずっと続けられていますよね。福島差別をつくり出しているのは、政府であり、政治家であり、メディアなんです。
 今回の福島東電事故、それによって広がった放射能汚染、それは東日本一帯なんですよ。もちろんすべて均一ではない。ホットスポットとして点在しているんですよ。みなさん、放射能汚染は東京には汚染はないとお考えですか? とんでもない。福島東電原発が爆発して、その後、放射能雲になりました。放射能プルムは東京方面に進んできた、途中さえぎるものはなかった。新宿の高層ビル群にぶつかって、降り注いでいるんですよ。その放射線量、岩手県盛岡市に投下したものの100倍だと言われています。ここ杉並は大丈夫ですか? わからないですよね。東京もわからない、東日本もわからない。調べないからわからないんです。
 どうして調べようとしないんでしょうか。簡単なんです。原発からのうまみをあきらめられない企業、その利潤にしがみつく人々、1%の人々がコントロールしようとしているんです。放射能の拡散がばれてしまうと、原発によるリスクがみなさんに知れ渡ってしまう。だとしたら、原発がなくてもエネルギーが足りている状況の中で原発をやめろと言う声が大きくなってしまうんですね。
 そんな、テレビや新聞が本当のことを流さないないなんてとんでもないだろう。でも違うんですよ。テレビ、新聞はお金がもらえれば僕たちの命にかかわることでも売り飛ばすんです。情報を制限するんです。東京電力、1年間に260億円ものお金を使って、メディアに対して広告宣伝費を払っています。もちろんみなさんの電気料なんですね。260億円くれる人に文句が言えるか、260億円の口止め料をもらえれば、みなさんの命のかかわることでも本当の情報を流さないんです。
 事故はまだ終わっていない。収束の仕方さえもわからない。溶け落ちた燃料がどこにいっているのか確認することさえできない。近くに寄れば即死です。この燃料の在処が分かるまでに何十年かかるかわからない。収束ということで考えれば何百年単位かもしれない。
 チェルノブイリの事故、26年前にありました。僕、去年行って来ましたが、まだ収束作業が続いていますよ。野田総理は福島の事故を小さく見せるために、収束宣言なるものをしましたが、それによって危険な作業を安い労働で自分の命を削りながら、僕たちにチャンスを与えてくれている収束作業員のみなさんがいらっしゃるんですよね。1万円そこそこのお金で、自分で宿代も、ご飯代も払って、僕たちにチャンスを与えてくれているんですよ。その人たちがいなくなったら、僕たちもう命をつなげない。
 今僕たちがやることがあるんじゃないですか。メディアが垂れ流すうそを見極めて、これから先どういう世の中にしていくのか、一刻も早く方向転換していかないともたない。今、地震の活動期です。エネルギーは足りている。今年の3月26日から東京電力管内にお住まいのみなさんは、最後に止まった柏崎原発が止まってから、1ワットも原発電力に頼っていない。もちろん主力は火力発電ですが、天然ガスを使えば一度で2回発電できる。CO2の排出も抑えられ、環境への負荷も少ない。調達ももっと近場から入れられるんですよ。なのにどうしてテレビでもっと大きく宣伝されないのか。簡単なんです。原発にかかわるスポンサーからのお金に目をくらまされているんです。お金と僕たちの命がバーターにされている。こんなこと許せますか? 僕は許せないんです。
 3・11があるまでこんな世の中のことなんて何も知らなかったんです。情けない大人です。30代の後半に突入して、この大きな事故に目が覚めたんです。原発というものから少しづつ自分自身の目が開いてきて、社会にはいろんな問題があることに気づかされたんです。この原発も社会の弱い立場にある人たちにしわ寄せがどんどんいっている。事故がなくても日常的に被曝する仕事なんです。僕たちが使っていた電力は人の犠牲の上に成り立っている電力であったんです。今それを知ってしまった以上、そして別の方法があると知った以上、これを認めることはできない。今やめなければいつやめるんだ。
 自民、公明、維新、彼らが連立政権を組むような勢力になってしまったら、この国は恐ろしいことになってしまいます。原発は推進され、憲法9条は変えられ、国防軍と名乗り、そして軍備は増強され、核兵器は保持、その先に何があるでしょう。想像力を働かせればわかりますよね。徴兵制も可能性としてあると思います。すでに維新の石原さん、橋下さんはそれについてコメントしていますよね。
 あなたの一番大切な人を、あなたの子どもを、あなたの恋人を、あなたの兄弟を最前線に送り込めますか? 経済的に苦しくなれば何年間かに1回、戦争を繰り返すアメリカ。アメリカのために戦争に駆り出される、そのような現実が今迫ってきているんです。原発をあきらめきれないのもここなんですよね。アメリカ国内ではもうできない、だけど中国、ロシアと原発・核開発で負けたくない。だから変わりに日本が代理でやることになっているんです。そんなことありえますか! 僕たち一体どこの国に住んでいるんですか? どうして自国民に対してこんなに愛情がないんでしょうか。
 僕たちに与えられた食品の安全基準ご存じですか? みなさん、今日食べた朝ご飯、安全ですか? これから食べる晩ご飯、安全な食材ですか? この事故を矮小化するために、汚染された地域もごまかされている。そして本来ならば事業者である東電、それを後押しした国が補償・賠償すべきなのに、それをしたくないばっかりに、今回の事故における汚染は隠されています。それによって僕たちが食べているもの、全国に流通しているものに、汚染食品が混ざっています。国が認めた安全基準、1キロあたり100ベクレル。100ベクレルって何だ? よくわからないですよね。1キロあたり100ベクレルは、この事故が起こる前は、放射性廃棄物として黄色いドラム缶の中に入れて厳重に管理しなければならないものでした。そのことがまったく報道されていない。
 テレビ局のみなさん、新聞社のみなさん、お金のために僕たちを売り飛ばすんですか? 力貸してくださいよ。自分たちが書く記事、1行に僕たちに気づきを与えるような記事をくださいよ。僕たちがテレビで見る5秒間のコメントの間にだけでも、僕たちがみんな気づけるようにそんなコメントを差し込んでください。闘ってくださいよ。命を守ろうとする僕たちは、あなたたちの命も守りたいんですよ。全員でこのまま、日本全国中が内部被曝し続けて、この先に未来なんかありますか?
 放射性廃棄物と同等のものを食べて安全と言われる僕たちの国、一番最初に影響を受けるのは誰でしょう? 子どもです。若い人たちです。細胞分裂活発ですから。彼らが原子力に対して何か意見が言える立場だったでしょうか? 違いますよね。その子どもたちにしわよせを、僕たちが生み出したものをかぶせるのか。今変えなければ、いつ変えるんだって話なんです。事故前、僕たちはどのくらいの数値の食べ物を食べていたか、ご存知ですか? キログラム当たり0・1ベクレルから0・2ベクレルだったそうです。だとするなら、今この国が僕たちに与えた安全基準、僕たちが以前食べていたものの1000倍ですよ。安全基準を1000倍に引き上げられたとしても僕たちの体いきなり1000倍強くなりますか?
 どうしてこんなことを、本当のことをたくさんの人が知らないんですか? 原子力という名の既得権益のもとにコントロールされているからです。情報操作は当たり前。電力会社、電気メーカー、三菱、日立、東芝、その下に建設業界、そして銀行、保険。間に大手広告代理店をはさんで、同じ利権を守りたい、お金がほしいだけのメディアに僕たちはだまされつづけるんです。こんなことがあっていいですか? 今変えましょうよ。力貸してもらえないですか!
 山本太郎、お前目立ちたいだけだろうと。芸能界でこういうの悪目立ちっていうんです。こんなの何の得にもならない、自分の職業のこと考えたら。でもね、職業なんてどうでもいいんです。その前に自分自身が生きていたい。でも、世界中にひとりぼっちでは意味がない。みなさんが生きていてくれないと困るんですよ。他者が存在して始めてこの世界って成り立つじゃないですか。僕も生きてたい、みなさんにも生きていてもらいたい。
 そのために12月16日の衆議院選挙、変えたいんですよ。みなさん、力を貸してもらえませんか。このままじゃ終われない、悔しい、あまりにも。ここまでなめられて黙っていられるかって話なんです。これ以上なめられるってことは、自分たちの命、子どもたちの命、大切な人の命を奪われるってことなんです。そんなこと絶対に許さない、最後まで抗います。みなさん、力を貸してください。僕を国会に連れて行ってください。お願いします。杉並の汚染、東京の汚染、東日本の汚染、僕に調べさせてください。そして汚染食品を止めさせてください。
 みなさんの力が必要です。よろしくお願いします。ありがとうございました。(拍手)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大切な話ですね。

コメントを投稿する






<< ニャン東玉三郎くんの新しいビラ  |  ホーム  |  暴力はいいよな! >>