忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/11/20 06:28 | ]
大学奪還学生行動10月5日レジュメ
遅くなりましたが、10月5日の奪還実のレジュメをアップロードします。

レジュメダウンロード

今回の定例会は、大学の学問をめぐった話になりました。10月1日、原発反対意見をもつ人を講演会に入れない、という大学の決定。これは決して学問をやる大学のあり方ではなかった。学問はその名の通り、「問いかける」ことからスタートします。10月1日、大学当局は学術的なことを一方的に言ったあげく、それを問うことを許さない。年間100ミリシーベルト浴びても大丈夫だ、本当のところは知らないけどね!という話です。彼らには原発推進の講演会を開いた、自らの正当性を示すことができないわけです。社会に説明できていないわけです。

しかし、これは単に島田や当局が悪いわけではない。そこには学者・大学が学問の意義すら捨ててしまうほどの経済の行き詰まりがある。
世界中でも経済が破綻している。今は大恐慌の時代です。では経済のために、学問も安全も健康もつながりも失われていいのか。
絶対良くない!
それでは一体誰が失業、原発、医療、教育...あらゆる問題を解決するのか。
という所で集まったみんなが考え、真剣な意見が出ました。

大学で御用学者を追放しても、もっと悪いやつは政府の中枢にいる。どうすればいいんだ。
大学だけで闘っていても社会構造は変わらない!

その通りです!社会全体を巻き込んだ闘いが必要なんです!ウォール街でも全米をまきこんだ闘いが始まっています。
仮に経済が破綻しても労働者が団結すれば社会を変えられる。11月労働者集会はあらゆる産別の人が集まって僕らの可能性を示すためのものです。
労働者を徹底的に搾取する野田政権から、あらゆる決定権をはぎとっていきましょう!

そのためにも、まずは自分の拠点で議論の焦点をつくろう!関西の学生は10.17京大キャンパス集会、10.21フクシマ行動。そしてさらなる答えを求めてぜひ11.6日比谷へ!!闘う全世界人民と連帯しよう
PR


[ 2011/10/08 02:43 | Comments(0) | TrackBack(0) | キャンパス ]

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 10/21福島集会のビラです。  |  ホーム  |  京都大学を占拠せよ! >>